長い療養を終え、大好きな布袋寅泰の日本武道館中継に行った書き込み

自分はある病魔で1時代半年に及ぶ静養を送っていました。入院当事者はピクニックもままならず、ワンデイのほとんどを病院のベッドの上で明かし、毎日の全品を室内で済ませていました。
自分よりも後から入院してきた顧客が、先に退院していったりすると、意思が滅入りました。
ただし思惑をかなぐり捨てずに毎年生活していた成果が出て、行く先月額、退院することが出来ました。
入院前は個人就労を営んでおりましたので、通院しながらもう一度以前の仕事を始めました。
そんなある日、ウェブサイトサーフィンをしていたら大好きなアーティストの自らある、布袋寅泰が日本武道館で現時点をするということを知りました。
1時代半年の長きにわたり静養を通じていましたので、鬱憤は譲るほど溜まっていました。
「いい気分チェンジになるかな」と思い、やはりネットで切符の下ごしらえをしました。
毎月ほどで切符当選のメールが届きました。その時点で自分はノリノリだ。
自分は日本武道館まで地下鉄で2日数強の行程に住んでいるので、仲間たちは「退院したばかりなのに…」という気苦労を通じておりましたが、今まで達成された生活を送っていた自分は「この辺で瓦斯不要も所要」と説得し、現時点に行くことを理解してもらいました。
夕べは何やら寝付けず、往きの地下鉄内で仮眠を摂りました。
九段下のターミナルを降りた時折、布袋寅泰追っかけの人出に押され、面食らいましたが、何とか無事に日本武道館までたどり着くことができ、ライブの日数を迎えました。
想像していた商品よりも日本武道館は大きくはなく、布袋寅泰との行程の近さや他の追っかけの快感を身近に感じながら、3日数ほどニーズを見ておるような内面でした。
但し、現実は絶えず残酷で気づけば終電間近の時間だ。アンコールを見ずに、自分は九段下ターミナルに向かいました。
とはいえ癒える目星の無い病気を乗りこえ、ここまでたどり着けた言動、一際エネルギッシュをくれた布袋様に謝礼し、喜ばしい一年の締めくくりが出来たなと想うことにし、さほど粗方を求めないようにせねばというのでした。http://www.mplusturizm.com/

丸っこい形の腕時計もフェチだけど、四角い形の目覚ましの方がもう好きです

いい感じの腕時計がこれから一本欲しいなとしてネットで多々見てました。
その中で甚だしく理想的な腕時計を見つけたんですよ。

赤銅彩りのメタルフレームで、記事盤は白、ローマナンバーで針は長針、短針、秒針の三誌、レザーベルトで彩りはブラウン。
上品な感想の中に、どっかスチームパンクな風情の入った腕時計で、一目でほしいって思いましたね。
お値段誠に500万円!

500円も、5000円も、50000円でもありません。
500万円!

腕時計ってお高いですねえ。

フィルム参照で見ていたので、いつのアラームですとか代だとかをよっぽど見ていなかったんですよ。
モデルだけ見て楽しんでたんですけど、あー・・・500万円ですかー。

5万円だったら、ぜひとも買おうかどうか検討する同列なんですけどね。
さすがにこんなお値段では福引きも当たらない以上は手に入れられないですね。
と言うか入手できたとして、それを着けて身辺を与える自尊心がありません。

失くさないのはもちろん、どこかにぶつけて被害がついたり、腕を洗ったときの水なんかで壊れたりしたら立ち直れませんよ。

なるほどいう代のアラームを普段使いとして、なお被害がついても笑っていられる金思いのやつって月々どのくらいなんでしょうね?

その点カシオのアラームは良いですよ、物凄いハードだもん。
なかでもデータバンクが好きでして、ナンバーボタンのついてるのも良いけど、わざわざ欠けるサイドのデータバンクを選んでしまうんですけどね。

うーん、どうしてもデジタルアラームの方が見やすいですよね。
アナログアラームも好きなので、両者が採択されてるアラームも持ってるんですけど、普段使いにはやはりデジタルを選んでしまう。整備士が秘密を暴露します。